2018年受賞
受賞
A-25-00808-2018-L(入賞4)

桧の小径木を活用した突板

株式会社中村製材所(佐賀県)


ライフスタイルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
建材・部材/床・壁・内外装材

桧をブロック状に加工したモノを接着集合させて、板状にしたモノの表面を削って、突板に加工した製品。小さなブロックで構成されるため柾目と色調のバラツキを抑えられる。また、小径木や未利用材を部材として有効活用できる。均一性を求められるオフィス空間、公共空間やインテリア製品での使用を想定している。

評価のポイント

ブロック模様の意匠はサロンや待合室など洗練された空間づくりの際の選択肢として有効だろう。小径木の活用につながるユニークなアイデアである。
サイズ(Wmm×Dmm×Hmm)
1,820×910×4
重量(g)
500
価格
10,000円
入手方法(連絡先)
中村製材所

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。