2018年受賞
受賞
A-18-00706-2018-S(入賞65)

YAMAGATA irodori プロジェクト

東日本旅客鉄道株式会社(宮城県) /仙台ターミナルビル株式会社 (宮城県) /株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所 (東京都) /株式会社船場 (東京都) /佐藤工業株式会社 (東京都)


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
木質化・リノベーション/店舗・商業施設・宿泊施設の木質化・リノベーション

山形駅ビル「S-PAL山形」のリニューアル。「ヤマガタイロドリ」をコンセプトキーワードとして、単なる商業施設の改装ではなく、観光情報の提供や伝統・文化の発信、県産品の紹介を通して、山形県が有する色とりどりの魅力を発信する取組みを随所で行う事で付加価値を高めた。

評価のポイント

金山杉を活用したファサードには、「紅花染」「最上つる細工」など植物から成る県の伝統工芸品を展示した。駅の自由通路に面しており、地域資源の魅力を地域の材との相乗効果で多くの来訪客に訴求する仕掛けがよい。
閲覧先(連絡先)
エスパル山形

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。