2018年受賞
受賞
A-08-00514-2018-S(入賞51)

サンブスギ製 木造防災備蓄倉庫

さんむフォレスト(千葉県) /山武市 (千葉県) /有限責任事業組合 グループ「木と土の家」 (千葉県)


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
店舗・施設関係/公共施設(駅舎、交通関係施設含む)

千葉県山武市では特産のサンブスギの利用を奨励している。助成金を出し建築からエネルギー利用まで資源循環の仕組みによって山武林業の再生を目指している。消防担当課から防災備蓄倉庫をサンブスギでつくる試みを共同事業で実施する申し入れを受け、木の特性、地元の技能、山武市の景観をテーマに建設を実施した。

評価のポイント

アルミ製の通常の備蓄倉庫から木製への転換にはコスト面、同等以上の性能確保、景観とマッチするデザイン、それが木であることのアピールなど多くの要素を満たす必要がある。官民による地域材の活用事例として、多様な展開を期待したい。
閲覧先(連絡先)
さんむフォレスト info@sanmu-forest.com 0475-52-7510 0475-52-7511(FAX)

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。