2018年受賞
受賞
A-08-00433-2018-S(入賞49)

道の駅あわくらんどトイレ

岡山県(岡山県) /岡山理科大学工学部建築学科弥田俊男研究室 (岡山県) /株式会社倉森建築設計事務所 (岡山県) /有限会社西建築設計事務所 (岡山県) /鷲田建設株式会社 (岡山県)


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
店舗・施設関係/公共施設(駅舎、交通関係施設含む)

「道の駅あわくらんど」のシンボル施設としてCLTパネル工法により新設した公衆トイレである。様々な利用のシーンを想定し、トイレブースの大きさや衛生機器の種類を組み合わせてバリエーションに富んだトイレとしている。温水洗浄便座などの設備や、木の香り、外からの光など、快適さと使いやすさを工夫している。

評価のポイント

CLT建築の普及啓発に取り組む、県内の建築士、大学研究者、行政職員等の産学官連携組織よる新たなデザインアプローチの試み。利用者の目線に立ったCLTの使われ方を検証するものとして、今後の市場形成やニーズ収集にも寄与する取組である。
閲覧先(連絡先)
岡山県土木部都市局建築営繕課

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。