2018年受賞
受賞
A-04-00092-2018-S(入賞43)

長門おもちゃ美術館

長門市役所(山口県) /株式会社シンラテック (山口県) /伊藤立平建築設計事務所 (大阪府) /安藤建設株式会社 (山口県) /特定非営利活動法人芸術と遊び創造協会 (東京都) /特定非営利活動法人人と木 (山口県)


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
店舗・施設関係/子育て・学習施設

海と山を望む場所で、地元の木を用いた空間とおもちゃを通し、多世代が集まって地域の文化や自然へ想像力が拡がる場所を目指す、公設民営の施設である。木の回廊が外を巡り、大きな一室を地形のように起伏がある床・山の樹種比で並ぶ柱列が大小の広場に分けている。広場に面する窓から外へ伸びるデッキが山と海を繋ぐ。

評価のポイント

木育の推進とともに、天然広葉樹林が昔から身近にある地域ゆえ、それを床・壁や造作、家具、おもちゃへ利用することで広葉樹材の魅力を伝える場としても機能している。地域の多様な樹種を適材適所で活用し、学びにつなげた良質な提案。
閲覧先(連絡先)
長門おもちゃ美術館 0837-27-0337

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。