2018年受賞
受賞
A-14-00689-2018-L(入賞14)

国産小径木を貯めた家 (WOODBANKーHOUSE)

有限会社 ナベ企画(栃木県) /株式会社神山商店 (栃木県) /有限会社風大地プロダクツ (東京都)


ライフスタイルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
住宅関係/戸建・注文住宅

人口材の小径木利用拡大をテーマに、建築・外構に約35m3の国産材を使い、鎌倉市に建設したサスティナブル住宅。建築資材としての利用が難し小径木をパネル化しての築資材利用は木質バイオマスでの利用とは異なり、木材の価値を大きく向上させることが可能。小径木の需要を掘り起こすモデル住宅。

評価のポイント

小径木の有効利用をテーマにパネル化による建材活用を具体化した意欲的な試みの住宅である。木材のカスケード利用による価値の向上やCO2の固定に貢献できることを、家づくりの視点から消費者へ訴求している。
閲覧先(連絡先)
ナベ企画 090-1400-0263 028-688-0883(FAX)

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。