2018年受賞
優秀賞 (林野庁長官賞)
C-54-00778-2018-S(優秀賞9)

デジタルファブリケーションによる自律分散型生産ネットワーク

VUILD株式会社(神奈川県)


ソーシャルデザイン部門
コミュニケーション分野
パートナーシップ/仕組み・ネットワーク(生産・加工・流通・販売をつなぐもの)

これまでの「中央集約型の儲からない林業」から、「持続可能な自律分散型の林業」への転換を図るべく、(1)デジタル加工機Shopbotを全国に普及し、(2)デジタル技術を扱うことのできる人材を育て、(3)共有して加工販売できる設計雛形を構築し、(4)これら生態系全体のネットワーク構築を行うものである。

評価のポイント

地域の木材を用い最小限の輸送距離で、高品質で付加価値の高い製品を自分たちの手でつくることができる先進的な仕組みだ。IoT時代の、地域ごとの森林資源活用と技術習得、人材育成を同時に満たす事例として新規性がある。
体験・入手方法(連絡先)
VUILD株式会社
本社:210-0024 神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unico1F-A
HP:vuild.co.jp
費用(参加費・入場料など)
各地域パートナーへのShopbotの導入費用500万円に加え、デザインから製作まで実施できる自律分散型システム導入費100~500万円(1拠点)

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。