2015年受賞
優秀賞 (林野庁長官賞)
C-03-00092-2015(9)

キシル 六次産業化プロジェクト

株式会社キシル(静岡県)


ソーシャルデザイン部門
コミュニケーション分野
パートナーシップ/ビジネスモデル

農業や水産業ではよく見られる六次産業だが、キシルでは林業での六次産業化を目指している。現在は製材工場「キシル東工場」と加工工場「キシル南工場」が稼動。将来的には山林の購入も視野に入れている。六次化のメリットは木材生産の時点でコスト管理ができることである。販売計画をもとに伐採や製材、スムーズな製造を進めることが可能で、消費者のニーズを各プロセスにタイムリーに反映できる。ユーザーから届く要望や情報をもとに、地元の林業家や製材・加工業者とも積極的に連携している。

評価のポイント

六次産業を川上からでなく、ユーザー目線から辿るという逆転の発想に新たな展開の可能性が見えてくる、ウッドデザイン賞に相応しい優れた取組である。消費者ニーズを正面からとらえ、自社の開発プロセスに活かし、地域での協業につなげていく本来あるべきバリューチェーンを目指している点を評価した。

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。