2017年受賞
受賞
D-70-00363-2017-S(入賞24)

奈良県産優良スギ材を用いたバイオリン

奈良県森林技術センター(奈良県)


ソーシャルデザイン部門
技術・研究分野
試作物/試作品

細やかな施業体系により育林された奈良県産優良スギ材は緻密な年輪構造を有し、強く・美しい。この特徴を活かすための新たな利用を探るため、県産スギ材の音響特性を調べるとともにバイオリンを開発した。実際の演奏シーンで活用されることを視野に、バイオリニスト・バイオリン製作者より情報収集して製作を進めた。

評価のポイント

スギ材を用いたバイオリンは、通常材料を用いたバイオリンの音響特性と同程度であることが試験により判明した。これによって、楽器分野への杉の活用の新たな展開の一歩となる。
閲覧・入手・技術提供の方法(連絡先)
奈良県森林技術センター
下記Webページに論文全文掲載

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。