2017年受賞
受賞
D-62-00201-2017-S(入賞17)

支柱アンカーの技術

有限会社 平井製材所(徳島県) /大紀商事株式会社 (高知県) /ナカダ産業株式会社 (静岡県)


ソーシャルデザイン部門
技術・研究分野
技術/新たな工法・素材活用の技術

近年、植林地において野生の鹿による幼木の食害が深刻である。植林地を鹿の食害から守る鹿柵の支柱に施工性および生分解性に優れた支柱を開発し、作業者の労力を軽減し、環境性能を高めた。原料に、国産杉などの林産物を使用し、素材はもとより経済が循環する森林づくりを提案する。

評価のポイント

植林地における野生の鹿による幼木の食害対策として威力を発揮する技術である。軽くて作業性の良い支柱は作業負荷を軽減し、全国の木で作れる点も地域資源の活用につながる。
閲覧・入手・技術提供の方法(連絡先)
ホームページ、パンフレットに掲載、「しっかり支柱」で検索

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。