2017年受賞
受賞
A-17-00461-2017-S(入賞52)

「木の心地よさ」宿泊体験ショールーム:Villa法然院西プロジェクト

TOMOマーケティング(奈良県) /villa法然院西 (京都府) /株式会社建登 (京都府) /株式会社町田ICクラブ (京都府) /京都北山丸太協同組合 (京都府) /株式会社ミネルバ (東京都)


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
木質化・リノベーション/店舗・商業施設・宿泊施設の木質化・リノベーション

京都の観光客を対象とする一泊一組限定のキッチンを備えた広さ60平米の「暮らすように旅する」コンドミニアム。トド松ベースの北海道産楢の床に、京都産材の檜、杉、北山杉磨き丸太を壁・天井に、家具には、欅やタモ等国産材を適材適所使用している。木の着色技法も駆使して、心地よい木の空間を体感できる宿泊施設。

評価のポイント

長期滞在を前提としたコンドミニアムに木材の魅力を詰め込み、その心地よさも体験してもらうという意欲的な取組である。宿泊施設という枠を超え、木の良さと地域を体験する体験ツールとしての機能が素晴らしい。
閲覧先(連絡先)
Villa法然院西、建登

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。