2017年受賞
受賞
A-06-00834-2017-S(入賞32)

八戸市立西白山台小学校

八戸市(青森県) /株式会社日本設計 (東京都) /シーラカンスK&H (東京都) /八戸市森林組合 (青森県) /三八森林組合 (青森県) /上北森林組合 (青森県)


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
店舗・施設関係/学校

八戸市立西白山台小学校は、URの開発による八戸ニュータウンの南西に位置し、児童数の増加が続いていた白山台小学校から分離新設した、市内43番目の小学校である。地域木材を構造材、内装材、家具など機能・用途に応じてさまざまに活用した、平屋または2階建ての分棟からなる小屋根が連続する木造の小学校を計画した。

評価のポイント

大規模公共建築への地域材供給を通じ、アカマツ、スギなどの強度や品質データが蓄積でき、地域の木材普及や地域産材のPRに役立つ効果を得た点は示唆的である。構造をはじめ家具等にさまざまなバリエーションの素材を使用しており、意匠も面白い。
閲覧先(連絡先)
八戸市立西白山台小

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。