2017年受賞
受賞
A-06-00548-2017-S(入賞31)

健康科学大学 看護学部1号館

学校法人健康科学大学(山梨県) / 株式会社三宅建築設計事務所 (山梨県) / 清水建設株式会社関東支店 (埼玉県)


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
店舗・施設関係/学校

看護職者を育成する学舎は、山梨県富士東部医療圏の健康づくりを推進する地域連携拠点の施設で豊かな自然環境にマッチし、シンボル性の高いデザインを取り入れた木造建築物であり、山梨県産唐松を加工した大断面集成材・LVL材を使用し、燃えしろ設計を行い柱・梁・筋カイの構造材を内部と外部から見せる意匠としている。

評価のポイント

健康や看護を学ぶ学舎には木材の機能、効能の活用がとても似合う。地域住民や音楽会などへ施設を貸し出し、一般層にも県産材、国産材利用と地域活性化の意味を訴求する啓発拠点になっている点も社会提案性に富んでいる。
閲覧先(連絡先)
健康科学大学

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。