2017年受賞
奨励賞 (審査委員長賞)
D-62-00923-2017-S(奨励賞14)

次世代の新小屋組柱梁ユニット

木楽創研株式会社(岩手県)


ソーシャルデザイン部門
技術・研究分野
技術/新たな工法・素材活用の技術

今までにない小屋構築体。材料を大幅に削減でき、加工の小力化、部品点数が少なく、誰でも簡単に組み立て可能かつ材木が腐れにくい。木材価値の低迷により、森林放置が進行しているが、間伐材などの利用拡大の手段のひとつとして提案する。不適格材(B材C材)の利用に
苦慮している方などを対象とする。

評価のポイント

地域の第一次産業と地域材活用を結び付け、加工の容易さや省力化によって利用の可能性を広げている点を評価した。二酸化炭素の固定化効果や木材の機能を活かしたハウスのメリットなど今後の研究開発にも期待する。
閲覧・入手・技術提供の方法(連絡先)
弊社へ問い合わせにて対応

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。