2016年受賞
受賞
A-15-00823-2016-S(入賞 63)

塩や

第一工業大学根本研究室(鹿児島県) /NPO法人頴娃おこそ会 (鹿児島県) /鹿児島県立頴娃高等学校 (鹿児島県) /市村整材 (鹿児島県)


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
木質化・リノベーション/店舗・商業施設・宿泊施設の木質化・リノベーション

築100年程度の空き家を観光交流の拠点として再生する計画。復元的な改装と改修を試行し、集落のシンボルとして再生を試みました。ほとんどの工事は、住民と学生が恊働して実施しました。すべての部分で地域の木材を採用し、積極的に木質化を試みるとともに、シュレッダー屑から再生紙を制作し、内装仕上げに用いました。

評価のポイント

家づくりが街づくりにつながる好例。改修のほとんどを住民と学生の手で行ない、それが地域づくりへの参加にもなっている。木質化によって周囲の環境になじみ、観光資源にもなる。空き家対策と木質化、市民協働の良質なモデルである。
閲覧先(連絡先)
NPO法人頴娃おこそ会(鹿児島県南九州市頴娃町別府5202 いせえび荘内)okosokaikanko@gmail.com

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。