2016年受賞
奨励賞 (審査委員長賞)
D-54-00110-2016-L(奨励賞5)

任意部位の光透過性を向上させた木材

愛媛大学農学部森林資源学コース森林資源利用システム研究室 杉元宏行(愛媛県)


ライフスタイルデザイン部門
技術・研究分野
技術/新たな製造・加工の技術

任意部位のみ光透過性を向上させる加工技術を開発した。これにより、人間との高い親和性のある木材の意匠はそのままに、より洗練された意匠を付与することが可能となった。用途として、LEDやセンサーの配置によって、照明やスイッチングの機能を木材に与えることが可能となり、車両や家電、建築に利用できる。

評価のポイント

木材の圧密化を制御し、光の乱反射を発生させる新規性の高い研究である。金型による製造が可能なため、普及しやすい点も有効である。インテリアや自動車の内装、遊具玩具などへの展開の可能性を感じさせる。
閲覧・入手・技術提供の方法(連絡先)
当該研究室にて閲覧可

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。