2016年受賞
優秀賞 (林野庁長官賞)
A-11-00824-2016-S(優秀賞7)

堀切の家

桜設計集団一級建築士事務所(東京都) /櫻井登志子 /藤原恵子 /鯰組 (東京都)


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
住宅関係/戸建・注文住宅

東京都心の木造密集市街地(準防火地域)に建つ木造2階建て住宅。木材をあらわしにしながらも、地震や火事に負けない設計上の配慮をしている。1.地産都消の実践(つくる)2.技術・性能の裏付けを持つ(つかう)3.耐久性確保とメンテナンスの容易性(つなぐ)

評価のポイント

木造密集市街地(準防火地域)に建つ木造2階建て住宅で、材をあらわしにしながらも地震や火事に負けない設計上の配慮を随所に施している点は社会提案性に優れる。都市部で木造建築物を計画する際のすべてのソリューションを網羅しているお手本のような物件である。材をあらわしにした建物外観や外構は、街にやすらぎを与えることにもつながっている。
閲覧先(連絡先)
桜設計集団

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。