2016年受賞
最優秀賞 (農林水産大臣賞)
D-61-00848-2016-S(最優秀賞1)

コンセプトカー SETSUNA

トヨタ自動車株式会社(愛知県)


ソーシャルデザイン部門
技術・研究分野
試作物/試作品

「SETS UNA」のコンセプトである「歳月を経て変わることを愛でる」を木を用いて具現化。木は手を掛けいたわることで色や風合いが変わり、愛情を注ぎ幾世代も受け継ぐことで、その家族だけのクルマヘと変化する。外板には杉を使うなど用途に応じた木材を選定、組付けは日本古来の伝統技法である「送り蟻」などを採用。

評価のポイント

コンセプトの表現として、外板は杉、フレームには樺といった用途に応じた木材の選定をし、一つ一つのパーツの大小や配列にもこだわった。組み付け構造には釘やネジを使用しない日本古来の伝統技法である送り蟻などを取り入れ、ボディラインは船のような美しいカーブを描く。さらに、世代を超えて時を刻む100 年メーターや、機能美と木の優しい色合いが融合したシートなど、歳月を経て輝きを増す。自動車づくりの専門性と木材利用の専門性が協働した優れたプロジェクトであり、多様な業種、分野において、消費者目線で木材を積極的に活用するという明確な目的を満たしており、ウッドデザイン賞の主旨に最もふさわしい。こうした先導的な役割を担う取組が、医療•福祉機器をはじめとする他の業種・業態へ木材利用を波及させるための模範例となりうる。

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。