2015年受賞
受賞
B-01-00842-2015(329)

パワービルド工法

パワービルド株式会社(神奈川県)


ライフスタイルデザイン部門
技術・研究分野
技術/新たな工法・素材活用の技術

「住まいは命を守るもの」をコンセプトに、在来軸組み工法を「木の剛邸」に進化させた金物工法です。あらかじめ工場で加工(プレカット)された構造強度が明確な集成材と強度の高い専用金物を用い、一棟ごとに構造計算を行うことで高い安全性を実現します。ボルトやナットを使用せず、ドリフトピンを打ち込む簡単な工法のため、高い熟練技術がなくともスピーディーで高精度の施工が可能です。経年に伴うネジの緩みや狂いの発生が抑えられ、住宅はもちろん、中・大規模木造建築においても長期間にわたり高い耐震性を保つことができ、安全・安心をご提供します。

評価のポイント

集成材と専用金物の組み合わせによって、技能レベルに頼らずに安全性能の高い構造体を安定的につくれる点が最大のメリットである。

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。