2015年受賞
受賞
C-03-00224-2015(269)

吉野山守モニターツアー

中神木材(奈良県) /家具町工房 賀來寿史


ソーシャルデザイン部門
コミュニケーション分野
各種活動・広報PR/イベント・ワークショップ(定期開催)

「山のこと、木のことを、吉野の山で伝えたい」そんな山守の想いが木を知る一人の家具職人との出会いから実現した事業。吉野林業の特徴である300年続く山守制度、守り受け継いできた山守コースを歩きながら、木が育つ過程と山仕事について語り、林業という時間軸を肌で感じてもらい、山や木との向き合い方を考えてもらう。そして木の特性を知ってもらうために山でチェンソー製材し、その材料を使い、つくれる家具職人指導のもと木の椅子を完成させる。山で全てを完結したい「山守」と「家具職人」の想いがコラボしたツアーである。

評価のポイント

地域林業を支える山守との協働で、木とそれに関わる仕事を後世に伝える社会的意義の高い活動。さらに家具づくりにつなげ、自分事にしている。

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。