2015年受賞
受賞
C-03-00589-2015(267)

木育おもちゃカフェニッセにおける木育推進活動

子育て支援ステーションニッセ(千葉県) /東京おもちゃ美術館 /ベビートイApty /おもちゃ作家/宮崎剛 /木工作家/吉川和人 /木育建築家/川上素子


ソーシャルデザイン部門
コミュニケーション分野
各種活動・広報PR/イベント・ワークショップ(定期開催)

地域に残された社会資源を活用し、東京おもちゃ美術館の監修の元リノベーションを行い、2015年4月、千葉市中央区に『子育て支援ステーションニッセ』を立ち上げました。木を使った癒しの効果を主眼においた子育て支援を行い、皆にとって心休まる居場所となっています。ここでは国内外の良質な木のおもちゃを使って、おもちゃコンサルタント達が豊かな遊びを提供しています。また、ちば森づくりの会との連携で地域の里山を訪れる機会を得、そこでのさまざまな体験を通して「森を元気にしよう」という気持ちが自然に育つ環境となっています。

評価のポイント

木育拠点を常設化することで継続的な体験と気づきを生み出す装置になっている。外部との連携で実際の森を訪ねる機会を設けた点も良い。

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。