2015年受賞
優秀賞 (林野庁長官賞)
A-01-00277-2015(2)

ららぽーと海老名キッズプレイエリア「ウッドキューブ」

大建工業株式会社(東京都) /パワープレイス株式会社 /三井不動産株式会社


ライフスタイルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
木質化・リノベーション/店舗・商業施設・宿泊施設の木質化・リノベーション

三井不動産株式会社が新しく手掛けた大型商業施設「ららぽーと海老名」にある、親子が一緒に遊び、国産材の良さを実感できるキッズプレイエリア。ユニット化された家具型木質空間は、同社の保有林である北海道のカラマツ、トドマツ間伐材を使用。施設の通路を木質化し、創造を育む木のおもちゃや造形パネルも設置した。木の良さを身近に感じ、心地よく過ごせる環境を提供している。幅広い世代が多数利用する大型商業施設に設置した、木育ひろば空間には、子供や大人がいつまでも心地よく居られることを狙いとし、色や見た目で強く主張するものを控え目に押さえた。壁面には、木製おもちゃを5つの構成(デザイン・動き・物語・感触・音)に配置し、子供たちの創造力を養い、感性に働きかける要素も取り入れた。若い世代にも、もっと木の良さを知ってもらえる、今までにない商業施設として利用を期待している。

評価のポイント

子ども・子育て層に対する、「木が身近にある暮らし」を、ユニット型木質空間という形で商業施設やイベント等でフレキシブルに活用する社会性ある提案である。造作のデザインも秀逸で、木の良さ、楽しさを実感させ、家庭での木づかいにもつながっていく可能性があり、優秀賞とした。
仕様
躯体:集成材(カラマツ)、床:無垢フロアー(アカマツ)

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。