2021年受賞
受賞
D-71-00033-2021-H(入賞9)

木製卓上カーリングを使った塗装による潤滑性付与技術の実証

住友林業株式会社筑波研究所(茨城県)


ハートフルデザイン部門
技術・研究分野
試作物/試作品

2022年の冬季オリンピックで再燃が期待されるカーリング競技の雰囲気を、屋内で気軽に楽しめる卓上遊具を考案。高い表面潤滑性を有するシリコーン系塗料を、合板製ゲーム盤面と木製ストーン底面の両方に塗布することで、静止摩擦係数μ=0.1の氷上の状態を再現。子供達に遊びながら木材の質感を実感してもらう契機とする。

評価のポイント

盤面は国産スギの構造用合板を、ストーンは国産ブナ材の積み木を基材として、ゲーム感覚で木に触れ、それ自体が地域材の活用や木材利用普及のツールとなることを目指している。
閲覧・入手・技術提供の方法(連絡先)
遊具の試作に必要な合板基材とシリコーン系塗料は、個別の問い合わせに住友林業㈱木構造推進室。ストーン基材は、推奨するブナ円錐部品の通販サイトを紹介して直接購入。
合板基材の加工組み立て方法は外観写真を提供。シリコーン系塗料(商品名S-100)の塗装マニュアルをPDFファイルで提供。
基本的に完成した木製遊具でなく、材料と加工ノウハウ提供を想定。

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。