2020年受賞
奨励賞 (審査委員長賞)
D-63-00145-2020-S(7)

2x4工法 床構面開発事業

ウイング株式会社(東京都)


ソーシャルデザイン部門
技術・研究分野
技術/新たな工法・素材活用の技術

無垢大径材の必然性ある活用を進めるべく取り組まれた、2x4工法における新規床組みの開発事業。躯体精度向上、コスト削減、施工省力化、運送負担軽減、意匠性向上が達成されている。

評価のポイント

床や壁の構成部材の大断面化によって国産大径材活用を進めるとともに、剛性や精度などの向上にも寄与する社会提案性の高い技術と言える。構造上、開口部の制約が減るため、サッシの取り付けなど空間デザインの自由度も上がる。
閲覧・入手・技術提供の方法(連絡先)
オープン工法として検討中。令和2年度委員会はNPO建築技術支援協会の主導で実施。詳しくはウイングや建築技術支援協会へ問い合わせ。

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。