2020年受賞
受賞
C-57-00424-2020-S(28)

木を見る目・施主と大工

大澤建築店株式会社(長野県) /吉村建築 (長野県) /宮下建築 (長野県) /信州大池建築 (長野県) / 株式会社柳沢林業 (長野県)


ソーシャルデザイン部門
コミュニケーション分野
人材育成・人材開拓/教育・研修システム

長野県北部小谷の根曲がり杉を梁に用いた。特殊材は一般的に流通されないが、地元にある木を使うことで、落ちてしまった山の価値を上げる取組み。日本建築の美は構造を見せる事にもある。構造を見せるには木の美しさを知らなければならない。木を活かす大工を目指し、後世にも木を見る目のある大工を育てる取り組みをする。

評価のポイント

豪雪地帯に見られる根曲がり材を活かした家づくりに挑んだ取組だが、材を見極め適所に使う大工の知恵と技を継承する、という点で重要な視点を持つ。美しくかつ長い時間残り続ける木材の良さは、素材と人の双方が継続しないと残せないことを教えてくれる事例である。
体験・入手方法(連絡先)
大澤建築店株式会社
費用(参加費・入場料など)
住宅のため非公開

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。