2020年受賞
奨励賞 (審査委員長賞)
C-54-00910-2020-S(27)

みなと森と水ネットワーク会議

みなと森と水ネットワーク会議(東京都)


ソーシャルデザイン部門
コミュニケーション分野
パートナーシップ/仕組み・ネットワーク(生産・加工・流通・販売をつなぐもの)

港区と全国の林業が盛んな78自治体が協定を締結し、国産材の活用促進に取り組む連携組織。全国の自治体の連携による都市部での国産材を活用した取組として、「みなとモデル二酸化炭素固定認証制度」を実施するなど、都市部における国産木材活用のプラットフォームを築いている。

評価のポイント

認証制度は施行から10年目を迎えており、建築物は170件を超える成果をあげている。木材消費地と供給地を結ぶサプライチェーンの構築により、材のみならず人的交流や木材利用のスキルアップ、消費者の理解醸成など、都市部における木材利用の多面的な成果を期待したい。
体験・入手方法(連絡先)
区との協定締結が条件
費用(参加費・入場料など)
50,000円(年間参加費)

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。