2020年受賞
受賞
C-53-00317-2020-S(21)

「きのこは木の子」 森の恵みで育む特別な木の子えのきと地球循環型農業

株式会社丸金(長野県) /職人館 (長野県) /丸中ロッヂ (長野県) /長野森林組合 (長野県) /株式会社ダイシン (長野県) / 株式会社HONNOW (東京都)


ソーシャルデザイン部門
コミュニケーション分野
パートナーシップ/ビジネスモデル

国産間伐材を培地活用したえのきたけ生産(木質培地活用えのき生産者は国内0.005%のみ。国内唯一の国産菌床使用認定企業)。森の恵みで育った特別な木の子えのきは、うま味・風味・栄養・アミノ酸豊富でトップシェフから人気。収穫後のきのこ菌が豊富な木質培地は農業(無農薬・有機堆肥)、畜産業(敷地)から人気で100%循環活用。

評価のポイント

外国産トウモロコシ芯培地が、主流の中、創業以来、木質培地にこだわり、食材としての品質向上と木材の有効利用を両立させている。木質培地ではえのきの約1.2倍の木材が必要となるため、転換すれば多くの間伐材利用につながる。持続可能な森林づくりと食材開発の新たな出逢いに期待する。
体験・入手方法(連絡先)
【入手先】松坂屋上野店、東武百貨店池袋本店、小田急百貨店新宿店等 【連絡先】株式会社 丸金
費用(参加費・入場料など)
一株えのき野生種:298円(1袋)、一株えのき純白種:398円(1袋)、干しえのき:550円(1袋)、味つけえのき:637円(1本)(全て税込)

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。