2020年受賞
最優秀賞 (農林水産大臣賞)
A-09-00756-2020-S(76)

有明体操競技場

株式会社日建設計(東京都) /清水建設株式会社 (東京都) /公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (東京都)


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
店舗・施設関係/公共施設(駅舎、交通関係施設含む)

有明体操競技場は、国際規模のスポーツ競技大会施設として利用され、大会後は仮設の客席部分等を撤去し、一部改修された後に展示場として利用される予定。かつて貯木場であった本敷地の記憶を表出したものであり、木の持つ特性を考慮し、適材適所な木材利用を追求した。日本各地から木材を調達し、約2,600m3使用。

評価のポイント

日本の伝統的な木造建築の美しさを醸しつつ、多くの観客を迎え入れる競技場としての機能性を併せ持つ、世界に発信すべき建築である。競技エリア天井の木架構の現しなど、「質素で潔い建築」が見る者を圧倒する。

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。