2020年受賞
受賞
A-09-00563-2020-S(73)

多賀町中央公民館「多賀結いの森」

多賀町(滋賀県) /大滝山林組合 (滋賀県) / 一級建築士事務所 大西麻貴+百田有希/o+h (東京都) / 株式会社桑原組 (滋賀県) / 株式会社シェルター (山形県)


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
店舗・施設関係/公共施設(駅舎、交通関係施設含む)

町の木材を最大限使った、新しいまちづくりの拠点となる公民館。地元で入手しやすい製材を金物でつないで大きな片流れの屋根を様々な向きにかけ、多様なスケールの生まれる構成とした。屋根の隙間からは光が差し込み、雁行してつながる平面の間に庭や多賀の山々が垣間見える、たくさんの居場所が連続していく空間となった。

評価のポイント

地元産材を使った空間は、共用部にたくさんの居場所を設え、ベンチやキッチンが置かれていて互いの活動が見えるようになっている。公民館を広く開放して、使える木の空間として地域の活動を支えながら、町民との協働で林業再生を目指している施設である。

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。