2020年受賞
受賞
A-14-00615-2020-H(48)

佐藤邸に代表されるコンセプト住宅「讃岐舎(さぬきのいえ)」一連の作品

株式会社菅組(香川県) / 讃岐の舎づくり倶楽部 (香川県)


ハートフルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
住宅関係/量産型住宅

田園風景に残る「越屋根」のある小屋。「讃岐舎」はその伝統的建築要素を現代に再生し、地元の木を使用することで香川の風土や気候に調和した家づくりをめざした。柱や梁の構造体を見せることで構造美を表し、調湿機能、耐久性も向上。独自のル-ルを設ける事で、子育て世代にも建てられるリ-ズナブルな価格帯を実現した。

評価のポイント

近くの山の木で家をつくる、をコンセプトとし、地域の伝統的な建築要素を取り入れつつ、汎用性を持たせた住宅モデルの提案である。象徴的な越屋根に漆喰、焼杉、和紙を始め、地元の自然素材を多く使いながら、4mグリッドの構造ルールを設けてコストも低減している。

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。