2019年受賞
受賞
D-71-00608-2019-S(入賞6)

早生樹を活用した曲げ木家具の研究

飛騨産業株式会社(岐阜県) / 岐阜県生活技術研究所 (岐阜県) / 国立研究開発法人 森林研究・整備機構 (茨城県) / 株式会社イトーキ (東京都)


ソーシャルデザイン部門
技術・研究分野
試作物/試作品

近年、早生樹は短伐期で収穫できることで注目されている木材資源である。資源循環利用の促進や林業の収益性改善に繋がることも期待されている。早生樹材に弊社における得意技術である圧縮、曲げ加工技術を取り入れ、付加価値の高い木製家具を製作し、環境に優しい製品として展開することを目指している。

評価のポイント

近年、新たな森林資源として期待されている早生樹の家具利用へ向けた加工技術の研究と実証である。センダンやユリノキの材質特性を調査、圧縮や曲げ加工を取り入れたチェアを製作し、評価試験を実施した。強度や軽量化などのメリットが見い出され、製品化へ進む道筋をつけた。
閲覧・入手・技術提供の方法(連絡先)
岐阜県生活技術研究所(0577-33-5252)

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。