2019年受賞
受賞
D-63-00067-2019-S(入賞3)

都市を木質化する外壁カバー工法「MARC SYSTEM(マークシステム)」

ニチハ株式会社(東京都)


ソーシャルデザイン部門
技術・研究分野
技術/新たな工法・素材活用の技術

窯業系外装材における標準施工の高さ制限16mを、独自工法MARCSYSTEMにより45m規模まで拡大。中高層建築物への施工が可能となり、オフセットサイディングを使用することで都市を木質化する。新築・リフォーム問わず外観の意匠性を高め、老朽化に対する安全性確保など建築ストックの課題解決にも寄与する。

評価のポイント

戸建住宅では使われることの多い窯業系外装材を、施工方法の工夫で中高層建築物にも使えるようにした。木材とセメントを使ったオフセットサイディングで都市の景観も変わる。リフォームの際は、外壁を覆うことで木質の意匠性を活かしながら既存物の剥離・落下を防ぐ。
閲覧・入手・技術提供の方法(連絡先)
閲覧可能。使用は当社認定工事業者のみ可/当工法の専用部材を商社や代理店、工事業者、ゼネコン等を通して販売。ただし、当社認定工事業者の施工を要する

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。