2019年受賞
受賞
C-53-00791-2019-S(入賞28)

木質バイオマス熱エネルギーを活用によるマンゴー・コーヒー栽培・うなぎ育成

那珂川町地域資源活用協同組合(栃木県) /有限会社林家川魚店 (栃木県) /有限会社鈴木材木店 (栃木県) /星の見える丘農園 (栃木県) /株式会社那珂川バイオマス (栃木県) /株式会社トーセン (栃木県)


ソーシャルデザイン部門
コミュニケーション分野
パートナーシップ/ビジネスモデル

製材所と連携により、製材所が作り出す木質バイオマス熱エネルギーを活用して、マンゴー栽培、コーヒー栽培、ウナギ育成をし、商品化している。地域の木材企業が核となって熱エネルギーを発生させ、農業・漁業者と連携し地域ビジネスとして成立させた。

評価のポイント

従来型の木質バイオマス活用の発電、熱利用の形から一歩進め、農産品栽培、うなぎ育成によって付加価値をもたらす取組だ。地域の木材事業者と農業・漁業者との連携で新たな地域産品のブランド化を目指す。業種横断的な地域連携モデルは今後も拡大の可能性を秘める。
体験・入手方法(連絡先)
栃木県那珂川町役場HPの生活環境課のページから視察を申し込み
費用(参加費・入場料など)
施設見学の場合は1000円/人

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。