2019年受賞
受賞
A-12-00792-2019-S(入賞75)

宝性院観音堂

PERSIMMON HILLS architects(神奈川県) /宗教法人宝性院 (埼玉県) /山崎工務店


ソーシャルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
店舗・施設関係/寺社・仏閣

宗教性を感じながらも訪れやすい開かれたお堂をつくり、お寺が担える役割や活動を可視化し、地域住民が集まり交流が育まれる、現代的な宗教施設の在り方を目指した。中庭に面した大きな縁側状のお堂(ホール)は、柱を一本も落とさない大開口によって中庭と一体となり、お寺や地域の様々な活動の受け皿になる。

評価のポイント

お堂の切妻屋根はブッダが菩提樹の下で悟りを開いたことにちなみ、巨大な樹木のような架構をイメージしたもの。木架構による圧倒的な開放感を持つ空間は、地域に開かれた場でありたいとの施主の思いから様々な活動の拠点として利用されている。

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。