2019年受賞
受賞
A-07-00484-2019-H(入賞44)

福祉型障がい児入所施設 まごころ学園

長建設計事務所+山下研究室 設計監理共同企業体(新潟県) /新潟県中越福祉事務組合 (新潟県) /江尻建築構造設計事務所 (東京都) /大石組 (新潟県) /カネ柾西澤材木店 (新潟県) /若月木工所 (新潟県)


ハートフルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
店舗・施設関係/病院・福祉施設

知的障がい者福祉施設の別棟として計画・建設され、既存施設から児童(幼年・青年)が移り住んでいる。おおよその児童にとって、終の住処となる。1辺54mの正方形平屋は木造であり、小ぶりな建築を複数寄せ集め「家形の群集合」をなす。外壁は細かく雁行し、内部に襞を折りながら、円環構成をなす。

評価のポイント

障がい児施設では難しいとされている全面木質化に果敢に挑んだ良作である。梁はできる限り小径木の無垢材を使い、豪雪地帯ゆえ各所に見られる方杖が、木質の魅力と強さを伝えてくれる。入居者の気持ちが落ち着くよう、木の良さを活かした建築だ。
閲覧先(連絡先)
まごころ学園 新潟県見附市田井町4476

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。