2019年受賞
受賞
A-06-00806-2019-H(入賞43)

東松島市立宮野森小学校

東松島市(宮城県) /株式会社盛総合設計 (宮城県) /シーラカンスK&H株式会社 (東京都) /住友林業株式会社 (東京都)


ハートフルデザイン部門
建築・空間・建材・部材分野
店舗・施設関係/学校

東松島市の復興にあたり、⼩さな学び舎が⾃然の中に解放されるような建築を⽬指した。地元の木材を用いた⼼地よい空間の連続が、⼩集団の学びの連鎖と分離を⽣み、外の景⾊と学びの⾵景が光や⽊格⼦で幾重にも切り取られ、まるで万華鏡を覗いているように「流動的な学びの視覚化」つまり切磋琢磨する学び合いを実現する。

評価のポイント

デザインの中に森や木を感じさせる木造平屋校舎で、街の交流を促し賑わいを生み出す拠点となっている。建物の特徴になっている欄間梁や格子柱は、採光や意匠の美しさと構造材としての役割も担う。教室は山側に開口部を設け、自然や四季を感じながら学べる。
閲覧先(連絡先)
盛総合設計、シーラカンスK&H

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。