2018年受賞
受賞
D-71-00665-2018-L(入賞11)

ウッドストロー

三重大学 木質分子素材制御学研究室(三重県)


ライフスタイルデザイン部門
技術・研究分野
試作物/試作品

石油由来のプラスチックが環境中で分解され,生態系への影響が深刻化しつつある。最近プラスチックストロー廃止の動きが加速していることから,木材製のストローを製作した。細いストローを切削加工で作るのは大変だが,木粉に木材由来の増粘剤を混ぜて,内径5mm肉厚0.5mmの押出成形に挑戦した。

評価のポイント

プラスチック製ストローからの撤退が相次いで発表されるなか、木材を活用したストローの開発を手掛ける、時代の要請へ応える研究。木材由来のセルロース系増粘剤を混ぜ、押出・乾燥成形する。生分解性の特徴を活かした社会的提案性ある研究である。
閲覧・入手・技術提供の方法(連絡先)
大学研究室、あるいは、展示会出展の際にブースにて閲覧可能。木材学会等の学術会議でも学会発表あり/現在、三重大学にて研究開発を行い、試作品のクオリティを高めている段階

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。