2018年受賞
受賞
D-63-00652-2018-L(入賞6)

セルロースナノファイバーを利用した木材用耐候性塗料の開発

玄々化学工業株式会社(愛知県) /国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 (茨城県)


ライフスタイルデザイン部門
技術・研究分野
技術/新たな工法・素材活用の技術

開発品の“塗料”は、水系塗料にセルロースナノファイバーを配合した耐候性に優れた製品である。木材に塗装すると色の変化を低減する効果があり、屋外利用での美観の維持に効果がある。セルロースナノファイバーは国産の杉材から森林総合研究所の開発した酵素湿式粉砕法によって一貫製造された材料を使用した。

評価のポイント

セルロースナノファイバーの乾燥膜が塗膜割れを抑制し変色を低下させる技術。屋外利用の木材塗装品の性能向上や美観の継続に貢献する、コミュニティや公共の場での木材利用を促す提案だ。
閲覧・入手・技術提供の方法(連絡先)
玄々化学工業株式会社

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。