2018年受賞
受賞
B-40-00565-2018-S(入賞63)

公共施設での使用に耐え得る圧縮杉材家具シリーズ

飛騨産業株式会社(岐阜県)


ソーシャルデザイン部門
木製品分野
事業者・施設向け/オフィス・施設用家具

国産材の利用量拡大の為、公共施設での使用に耐え得る圧縮杉材家具シリーズ。圧縮加工技術の更なる研究、部材同士の接合方法(ウェーブ加工)の研究を行い、圧縮杉材だけで構成できるまで部材強度を高めることができた。針葉樹家具でありながら堅牢強度を持ち、且つスタイリッシュなデザイン。

評価のポイント

杉の30%曲木圧縮材や50%圧縮材を組み合わせ、不特定多数が利用する公共施設での利用に適した強度を確保しつつ、シャープなデザインを実現した。幅広い利用者層へ杉の可能性を伝えてくれる。
仕様
P U 2 7 1 A J
サイズ(Wmm×Dmm×Hmm)
521.5×496×771.5
重量(g)
6200
価格
68,000円
入手方法(連絡先)
全国の飛騨産業SR、またコントラクト事業部

※掲載している内容・価格などは、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。
詳しくは受賞作品の連絡先へお問い合わせください。