表彰部門について

表彰部門と表彰

ウッドデザイン賞は以下の3つの表彰部門を設け、消費者目線の木の良さや価値を持つ優れた製品や取組を表彰します。部門については、応募作品の特徴・内容と評価してほしい価値に合わせ、エントリーの際に応募者自らが選択します。

  • ライフスタイルデザイン部門

    木を使って
    暮らしの質を高めている
    ものが対象

    木を使うことで機能性や利便性を高めている、新しい領域で木の活用が提案されている、消費者に木のある豊かな暮らしを提案している、建築、空間、木製品、取組、技術、研究など。

  • ハートフルデザイン部門

    木を使って
    人の心を豊かにし、身体を
    健やかにしているものが対象

    木を使うことで快適性を高めたり、五感や感性に働きかける、リラックス効果や健康増進効果がある、作り手や担い手のストーリー性を伝えている、建築、空間、木製品、取組、技術、研究など。

  • ソーシャルデザイン部門

    木を使って
    地域や社会を活性化しているものが対象

    木を使うことで地域や森林の活性化に貢献している、持続可能な森林利用の仕組みを生み出している、木材利用の意味を啓発したり、人材育成をしている、建築、空間、木製品、取組、技術、研究など。

Page top